スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポストイットの裁断誤差

仕事で付箋が便利な場面が多々あります。

自分も普段は住友3MのPost-itを使っていて、
特にポストイットノートの75mm x 50mmは名刺入れにピッタリのサイズなので
名刺入れを付箋ケースにして、胸ポケットに入れて仕事しています。
ちょっとしたメモに重宝してます。

今使ってるのが無くなったので、新しく補充...と思ったところ



おぉ!裁断サイズがピッタリじゃないw
1mm、大きさに違いがあります。

紙ですから裁断時に差が出るのは仕方ないですが。
少し誤差が大きいですね。

突発性難聴は回復したか?

右耳が突発性難聴と診断されてから、2週間くらい。
右耳に違和感はほとんど無くなった。

うーん、治った...のかな?

あ、今日耳鼻科に行くの忘れてた。
ちゃんと大丈夫ですよ判断を貰わないと。

ブルームーン

今宵はブルームーンって言うらしい。

青く見えるからそう言うんだよ、なんて嫁が言うから
「そんなわけないやろぉ」と大木こだま師匠バリのツッコミをしつつ
でもやっぱり写真撮りたいなぁ、って撮った。



3時間くらい前ににわか雨が降ったおかげで、涼しいし
空気がきれい&雲量がちょうどよく、幻想的な感じですごくいい。
写真が下手なせいで、その感じがお伝えできず、残念ですw





ちなみに、我が愛機、Nikon1 J1 に AF-S NIKKOR 55-200mm ED をつけて撮影。

Nikon1 アップデート

Nikon1 J2が発表されました。


スペックを見ると、J1とほぼ一緒。J1sとかでもいいんじゃない?って思う。
ただ、背面もボタンサイズや位置など、細かい部分で変更が入っているよう。

機能的に違うのは、セレクタにクリエイティブモードが追加されてる。
夜景とかミニチュア風、パノラマといった、ちょっと味のある写真を作れるモード。
自分にはあんまり必要無いかなと思われる。

あとはレンズの収納に合わせて電源が落ちるところか。
J1ではレンズを出した時に自動で電源が入るが、収納しても電源は落ちなかった。
これは、時と場合によって、嬉しい時もあるし悪い時もあるんだけれど。


それより、現状気に入らないのが、感度(ISO)や撮影モード(おまかせ、P、S、A、M)や
ピクチャーコントロール(風景とかポートレイトとか)を変更するのが手間すぎること。


MENU→キーでセレクト→OKボタン
と、最低3ステップ必要。

MENU内の並び方がイマイチなのも相まって、あっと思った時にすぐ変えられない。
これは撮影にとってかなりプリミティブな部分なので、この操作が煩雑なのは嬉しくない。

露出補正もいちいちOKボタン押さないと設定が反映されない。これには使用当初、戸惑ったりしたので
ぜひファームのアップデートで操作性を上げてもらいたいと思っていた。


で、J2の登場に合わせてファームウェアのアップデートが出たのだけれど。
変更箇所を見る限りは期待した操作性の向上は無さそうですな。

一応アップデートしておきますが。

表面的なスペックでは他のミラーレス一眼に劣っているように見えるけど
使えば決してそんなことはないと思えるのに、操作系が残念すぎる。
またもや次回のアップデートに期待するしかないか。

難聴で再診

今日は再診してもらってきた。

聴力検査を再度受けたところ、左右の耳でほぼ同じ値になってた。
ん?右耳が聞こえ出してるのか?左耳が聞こえなかったのか?
いずれにしても正常値。

悪くなっていないので、そこまで深刻ではないのかもしれない。
ただ、右耳の違和感は残っているので、再度同じ薬を処方された。

ちなみに処方されてる薬は3種類。

  1. プレドニン錠5mg
    ステロイド薬で、免疫系を抑える働きをする。よってアレルギー反応も抑えられる。

  2. アデホスコーワ顆粒10%
    アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物。臓器の血流量をあげ代謝を活発にする。
    メニエル病や内耳障害での処方が多い。

  3. メチコバール錠0.5mg
    ビタミンB系のビタミン剤。末梢神経に対する効果が高い。


そんなわけで、回復にはもう少し時間がかかると思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。