スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーアグリF1

国内でARTAを設立した時点から、F1が目標にあったのは間違いないでしょうが
念願叶って、という感じですね。

オールジャパン体制とされてますが
シャシーを作るのはイギリスの元アロウズのファクトリ。
ま、F1がヨーロッパ中心に行われるのを考えれば
イギリスにファクトリーを置くのは妥当な選択と思われます。
ホンダだってそうだし、トヨタだってドイツだし。
(ホンダとトヨタでは、チーム体制に違いがありますが)
エンジンはホンダ、タイヤはブリヂストン、ドライバーは佐藤琢磨が有力、オーナー兼監督は鈴木亜久里。
シャシー以外は日本製となるわけですな。
もしかすると、デザイナーは日本人なのかな?もしそうなら、オールジャパンと言っても差し支えないかも.....
体制的には、ホンダとあまり変わらない気がしますな。

個人的にはシャシーは童夢に作って欲しかった。そうすれば、完全にオールジャパンチームなのに。
こう思ってしまうのも、今を去る事10年前、童夢F1プロジェクトがあったから。
時に西暦1995年。
日本のレーシングカーコンストラクタ童夢がF1参戦を目指してF105という車体を作りました。
当時は日本でF1ブームの最中で、幾つかスポンサーもついていたのですが、いろいろな事情で参戦出来ませんでした。

「童夢の野望」っていう超マニアックなゲームもでた。
シャシーのレイアウトから、風洞テスト等、実際にF105のデータをフィードバックして作られたらしいゲームで、そんなに一般には売れなかったと思うけど、これにはまった。
その後「童夢の野望2」っていうのも出て、こっちはレースマネジメントをするゲームだった。これにも少しはまった。

そんな経験があるので、極東でレースカーを作って頑張ってる童夢には頑張って欲しいのです。
実際問題として、国内の各レース用のシャシーも作ってるし、ルマン用のシャシーも作ってるので
これにF1となるとキャパシティオーバーとなるんでしょうが。

オールジャパン体制にこだわる理由はありませんし
おそらく、全てが日本製(人)になることは、これからも無いでしょう。
もし、こだわる理由があるとすれば
ヨーロッパの文化たる自動車レースのトップカテゴリで
日本人ドライバーが
日本人が作った車に乗って
表彰台の真ん中に乗る
このナショナリズム的欲望でしょうか。
この欲望は否定しませんし、できることならやって頂きたい。
成功するかは甚だ疑問ですが。
でも、もしその一員になれるなら、幸せかも。 (^-^

アグリチームの話に戻りますが
参戦最初はまともに走らせるだけでも大変かと思いますので
ゆっくり、着実に頑張ってもらいたいと思います。
あせって成績を求めちゃ駄目ですね。特に日本のマスコミは。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スーパーアグリ参戦正式決定っ!!
FIA、SUPER AGURI Formula 1のエントリーを承認 11番目のチームが誕生 (ISM) - goo ニュース亜久里チームの参戦決定 佐藤の加入も確実に (共同通信) - goo ニュース亜久里チームのF1参戦、FIAが正式承認 (読売新聞) - goo ニュースやっとスタートラインに F1参戦
  • 2006/02/02 17:47
  • URL
SUPER AGURI Formula 1正式承認
スーパーアグリフォーミラー1正式に承認され今季からのF1参戦が決まりドライバーは不明でだが純日本チームだ昨年に承認が出来なくて待たされたけど嬉しいし楽しみだドライバーは佐藤琢磨と誰か分からんけど亜久里さんが夜にスポルト出るから絶対に見る事にし....
  • 2006/01/28 20:34
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。