スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

friendfeedの功罪


すでにオワコン臭がプンプンしているサイトですが、放置プレイとなってもまだ動作しておりますので
こちらも最後まで付き合おうと思っておる次第です。


friendfeedはそれなりに便利だった
50近くのサイトの情報をひとまとめにしてタイムラインを生成してくれる上
そうして集めたタイムラインのRSSフィードも取得できるので、便利ったらありゃしませんでした。
また取得先にRSS/Atomフィードを指定できるので、気になるサイトの更新情報も一緒にできるし
friendfeed内でtwitterのようなフォロー機能があり、他のユーザのまとめ情報も得られるという
まっこと楽しい機能が満載でした。

少し変わりだしたのは、Facebookに買収されたあたりからでしょうか。
情報が更新されなかったり、更新に時間がかかるようになってきました。
また、friendfeedに投稿したものをtwitterに自動投稿する機能も不全となります。
この機能については、現在も動脈硬化したままです。

当時のfriendfeedの開発メンバはFacebookの機能強化に力を入れているのでしょうね。


その後~現在
現在も表向きはサイトが動いていますが、機能的には安定しているとは言いがたいです。
相当数のユーザは設定を残したまますでに離れていってしまったと思われ、
タイムラインが悲しく更新されるのみです。

自分の場合はGoogle+、YouTube、zootool、byflowの各サイトの更新情報のうち
気が向いたやつをtwitterに流す、という機能しか使っていません。
この機能に関する限り、それほど支障ないので、もうしばらく使う予定でいます。
なお、friendfeedが消滅した場合の案も用意しているのでいつ無くなっても問題ありませんw

ちなみにその代替案は、Tumblrからtwitterに流すというやり方で
Tumblrでは予約投稿ができるので、案外こっちのほうが便利かも、と思っているので
早々に切り替えるかも知れません。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。