スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

docomo F-04D の美点 〜アクセスポイントモード〜

前回の記事からの続き。

ドコモ F-04Dが予想外にイイ子ちゃんでした。

軽い
カーボンブラックにしたので、重量も105gと軽量。
似非カーボンが多い中、本物のカーボンを使っているとのこと。
一部分しか使われてないので意匠的な意味が強いと思いますが、それでも他の色よりも10g軽いというのは頑張ってますね。
もっとも、どんな特性のものを、どの繊維方向に、何枚積層するかで
剛性や弾性を変えられるのがCFRPの特長のひとつなので、その意味においては意匠以上の意味はありません。

傷がつきにくい処理や塗装となっているそうで、おそらく永く使うと思うのでありがたい。

薄さもまぁ、ありがたい。その分、画面がくるっと回ったりする機能はありません。
また、自分撮り用のインナーカメラもついていません。
このあたりのシンプル化にたいする潔さは好きです。
逆に、そのような機能が欲しい/使う人は避けてください。



アクセスポイントモード
この機能を有効にすると、本機を親機にして別なWiFi端末を1台ぶら下げられる。
つまりモバイルルータのような使い方ができます。接続スピードはFOMAハイスピードに対応。
実際にiPod touchLifeTouch NOTEをぶら下げてみて、メール、twitter、Google+、天気予報、ニュース
程度のコンテンツにはストレス無くアクセスできました。
これくらいのものが使えれば困ることはないので、満足です。

ただ注意点が2つ。

アクセスポイントモードの利用には、i-modeとは別なISP契約が必要です。
何にも考えずにいいのは、mopera U ライトプラン
スタンダードプランの様なサービスはなく、FOMA接続のみのプランで、315円/月。

ライトプランの美点は、i-modeとの併用で月々の料金からそれぞれを157.5円を割引してくれるとこ。
i-modeも157.5円引き、mopera-Uも157.5円引き。すなわち、

  i-mode : 315円/月 - 157.5円/月 (割引) = 157.5円
  mopera : 315円/月 - 157.5円/月 (割引) = 157.5円

  ∴i-mode + mopera = 315円/月

moperaを使わなかった月には、moperaの料金が発生しない代わりに、上記割引もされないので、
まさに、i-mode単独契約の時と月々の支払額が常に変わらないのです。

i-modeは標準で契約するので、ほぼすべての人が315円/月は予め織り込み済みかと思います。追加費用なしでmoperaが使えるわけです。
これでアクセスポイントモード利用にかかる障害がグッと低くなりました。

もう一つの注意点は、アクセスポイントモード利用時はパケホーダイの料金が
「外部機器を接続した場合」の料金扱いになること。上限金額も引き上げられます。



WiFi対応
使ってみて知った機能でした。
手近なWiFiターミナルに接続でき、接続中のスマートブラウザやフルブラウザの利用はパケ代がかかりません。
ただしi-modeでの接続にはパケ代がかかります



ボタンが押しにくい
スマホと違ってハードウェアキーがついているのがいいけれど、押しにくいよ、これ。



電池の減りが早い
スマホの減点要素は、電池の消耗が早いことですね。1日1回は充電が必要な場合が多いです。
ガラケーならそんなことはなかろう、と思っていたんですが、これが減る減るw スマホと変わらんじゃないか。

と、万歩計ソフトが常時走っているのに気づきました。これを切ったら....?
案の定、電池寿命が延びました。頻繁に電話やメールをしてないからね。



他に、おサイフケータイとか、高画素なカメラとか、ワンセグとか色々と機能はありますが
自分がよく使う便利だな、と思う機能はこんなもんです。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【docomo F-04D の美点】
前回の記事からの続き。ドコモ F-04Dが予想外にイイ子ちゃんでした。軽いカーボンブラックにしたので、重量も105gと軽量。似非カーボンが多い中、本物のカーボンを使っているとのこと
  • 2012/06/02 01:37
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。