ハチロクとBRZで思ったこと

トヨタの86が7000台の予約が来ている様子。
豊田章男社長、予想以上の出足でよかったですね。
スバルのBRZも好調のようで
ひとまずはスポーツカーの需要がまだある、ということは証明できたと思います。

他でも言われてると思いますが
スポーツカーのようなニッチなクルマは今後受注が先細って行くのは確実ですから
いつまで製造を続けられるかがキーポイントですね。

スポーツカーに代表される嗜好色が強いクルマは市場規模は大きくない一方で
愛されて永く使われることが多いです。
(少し前に流行った、ロングテールですね?w)

そのため、修理パーツや改造パーツの入手性や同じ車種への買い替え、買い増し、
レースへの参加や安全運転講習等を通した啓蒙活動等
自動車が持つ生活性や利便性だけではない、経済性や文化的な側面での活動が大切です。

魅力的な車であれば比較的高い利益率を出せますが、長期的に見た時のコストを見れば
メーカにとってニッチなクルマの製造はとても大変な仕事になります。

今回、自動車業界の雄であるトヨタがスポーツカー販売に舵を切ってもらえるのは
クルマ好きとして非常に好意的に受け取っています。

そこで、考えた視点。
クルマがステータスシンボルであった時代は、とうの昔になっているんじゃなかろうか。
トヨタが86の製造販売に踏み切った理由として
スポーツカーを造ってこなかったことによる若者の車離れが挙げられています。

フェラーリやランボルギーニとかはかっこいいクルマとして存在しているわけで
(かっこいいは主観的な問題なのでいろいろあるでしょうけど)
「若者が手に入れられるようなスポーツカーが存在していない」
という意味で問題ないと思います。

レースでいくらレクサスなんて走らせてたって若い人は買えないし
買えるようなスポーツカーが売ってなけりゃ興味も失せるわけで、当然ですね。

ピニンファリーナのデザイナだった奥山清行さんは

今六本木の交差点をフェラーリに乗ってて渋滞で止まっていても、子どもたちは誰も寄ってきてくれません。最近では女の子も寄ってきてくれません。ところが新幹線の先頭車両が東京駅に入ってくると、もう何十人もの、何百人もの子どもたちが、カメラ小僧が、カメラを持って新幹線を撮っている、と。

という風に言っていて、
自動車業界のインフラ(道路、街づくりなど)に対する無関心を原因に挙げておられます。

自分も渋滞には毎度うんざりさせられます。
渋滞してれば300km/h出せるクルマだろうと軽自動車と同じ。
そんな状況に価値を見出すほうが難しいですね。
クルマだけの問題でないとすると、かなり根深いことになります。

特にここ数年で、ネットインフラが充実してきたことや
ソーシャルネットワークも盛んになってきました。
要は、移動しなくてもコミニュケーションがとれる。
コミニュケーションすることの価値が上がってクルマ等の移動媒体の価値が下がっている
(手軽に、早く移動できれば何でもいい)ともいえそうです。

クルマで移動する、となった場合は移動手段なわけですから
狭くて窮屈なスポーツカーよりは背高で荷物が乗るほうがいいですよね。

つまり、クルマの持つ価値というのが移動手段という側面のみになっていて
速く走るとか操る楽しさといった側面やデザインに見とれる、手元に置いておきたい、
などの付加価値が失われている、ということでないでしょうか。

長いので、後半へ続く

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)