スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諏訪圏工業メッセ ~ヒューマノイドロボット講演~

続けてもうひとつ。

お目当てのもう一つは、産総研の梶田秀司先生の講演です。
一連のHRPに関わっておられる先生で
ロボット業界では結構有名な人ではないかと思います。
(今回メッセに来たかった一番の理由が、この講演を聴きたかったから....というのは内緒)
おれは、以前にここ
でインタビューを受けておられて、それで知ってました。

今はハードウエアは川田工業が主にやっていて
産総研ではソフトウエアを中心に研究しているようです。
その中での主な課題は
不整地歩行、スリップ制御、高速歩行、転倒/復帰
画像処理、画像認識
ハンドの運動制御
など。
画像処理なんかは特に力が入っていたように見受けられました。

HRP-3ももうじき出来上がるとの事ですが
やはりヒューマノイドロボットにとって、知能(知的)制御は避けて通れないようです。

めっきり制御から遠ざかっていますが
ふつふつと沸き上がるものを感じましたよ。これですワ。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。