スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいものはみんな日本製?

仕事で物品の入荷検査をしているが
アクリル板の加工品の表面に
傷や糊状の異物付着が多すぎ。

透明なので傷が目立ちやすいってことを差し引いても
カットして文字を印字してあるだけのもので
どうしてこんなに、っていうほど多い。
ちょっと商品として売れない。

透明アクリルはよく使うので
今までも度々同じことがあった。
うちが欲しい品質っていうのを
加工屋さんは十分理解してもらっているはずなのに...。

あんまり厳しく言うと
「作らない」とか「作れない」とか
言い出すんだよな...。
むしろ、どうやればうまく作れるかを
提案してもらいたいんだけど。


話は変わって
今日アスクルから届いたレターケース
透明アクリルの曲げもので
曲げ精度はそんなに良くないものの
さっきのような傷は一切無く。
正直、どこで加工してるのか教えて欲しいw

...と思ったら、"Made in China"。
うーむ、恐るべし中国製。

その時、ふとBack to the Futureを思い出した。

Back to the Future Part 3のひとコマ。
1955年のドクがデロリアンの壊れたICチップを見て
「こりゃ日本製じゃないか」って言うと
1985年から来たマーティは
「何言ってるの。いいものは日本製だよ。」って返す。

1955年の日本製品は使い物にならなかったんでしょうね。
それから30年後の1985年には日本製品の品質が
欧米のそれよりも良くなっていた。
時代の流れを感じさせるセリフのひとつだけど
2011年の、今。
欧米対日本の関係は
そのまま日本対中国の関係になってないか。

先のアクリル加工品の品質だけでなく
加工品の品質がすごく落ちているのを感じる。
一方で中国製は、
小売価格2,800円そこそこのものでもこの品質。

Back to the Futureでの未来の舞台は、2015年。
今から4年後。
あのころの未来に、僕らは立っているんだw

車もスケボーも浮く気配は全くないけど、
ナイキのシューズも自動で締まらないけど、
今から4年後、どういうセリフが
当てはまるようになってるだろう。

「何言ってるの。いいものは〇〇製だよ。」

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。