スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米子空港 2500m滑走路

米子空港、いや個人的には美保飛行場と言おう。
2500m滑走路が12月17日に供用開始とのこと。
合わせて、ターミナルビルも改装らしい。

現行は、2000m×45m。
これを美保湾側へ500m延長する。
すると、JR境線&県道と干渉しちゃうので
境線と県道をどうやって逃がすか検討したらしい。
穴掘って滑走路下をアンダーパスさせるか
大きく迂回させるか...

いろいろ悶着あった末、迂回させることで決着して
ここんところ工事してたんですが
ついに供用開始です。
美保飛行場は自衛隊共用ですから、
アンダーパスは元より難しかったかな..と思いますが。


思い起こせば、1500mから2000mに延長させるとき
中海側へ延長させるにあたっても
お隣島根県と県境をめぐって
ゴニョゴニョあったようなwww
2500mになると嬉しいことがたくさんあります。
  • B6以上の大型機が発着できる
    B6-ERは言わずもがな、
    B7-200やA330もイケルかな。
    これらの機体は航続距離1万km越えです。
    そうなれば、海外への直行チャーター便も望めますね。
    すでに韓国への定期便があるので
    出入国手続きも問題ないでしょう。

  • 積雪時にも余裕の滑走距離
    欠航便が少なくなるはず。
    冬期はむしろクロスウィンドの方が問題かと思われますが。

  • 次期空自輸送機C-Xにも優しい
    機体の滑走距離は短いとはいえ
    滑走路は長いに越したことはありません。

    さらに最大の希望と言えば...
  • 航空祭のときに、F15 & F2の地上展示なるか!?
    あると思います。 < これが言いたかっただけちゃうんかと...
    今となっては、なかなか行けませんが。

気になるのは、
「米子に大型機を飛ばすほど客がおるんかい」
ってところです。
坂口清太郎米子商工会議所会頭は「地域の発展に必要なインフラが整備される」と喜びながらも「このインフラをどのように生かし、メリットを得るか、地域全体で知恵を集めたい」
山陰中央新報より引用
らしい。
米子という場所は
倉吉あたりから出雲あたりまでの商圏がありますが
単純に人口・商圏だけみると
このインフラを生かし切れるのか、難しい気がします。

また、岡山空港には3000mの滑走路があって
豊富な国際定期便、貨物便があるとなると
何か策が必要ですね。

どこかの日本一高いところにある空港
JALの経営悪化も手伝って、見るも無惨な状態です。

総工費115億円。
無駄な公共事業だと言われないように
がんばってください。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。