スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LinuxがOSXより優れている点

このような内容の記事があったので、見てみた。

#1: 柔軟性
元記事はGUIのカスタマイズ性を例に挙げている。
GUIの出来は(美麗さも含めて)OSXの圧勝だと思う。
それをカスタマイズしたい、ってなるとLinuxの方が上
ってのは分かる。
ただGUIは思想的な側面を強く表すところだと思うので
柔軟性の評価にGUIのカスタマイズ性を挙げるのは
少々的外れな感じがする。
...って、そもそもウィンドウマネージャはLinuxなのか?

#2: オープンソース
LinuxユーザーがMac OS Xを前にして感じる最大の問題の1つにライセンスがある。
と書き出しにあるけれど
この記事の読者ターゲットが分からない。
Linuxの良い点を紹介して使ってもらおうってのなら
オープンソースの魅力を伝えるべきだ。
OSX(あるいはApple)のライセンス批判にしかなっていない点で
腑に落ちない項目。

#3: コマンド行
ターミナルの事だね。
OSの出自からいっても、Linuxの方が優れているのは分かる。
でもOSXでも大抵のことはできるし
記事中にある内容だって、調べればできる...はずwww
BSDのユーザランド持ってるんだから
やりようはあるよ。
これこそ"柔軟性"って言うんじゃないの?
#4:ハードウェア要件
Linuxの方が古いマシンを生かせるのはその通りだと思う。
記事中では起動できるアプリの数で優劣を述べているけれど
それってあまり意味が無いよね。
古いマシンを生かすことに価値がないといけない。

#5:セキュリティ
「Macはウィルスに強いんだ」なんてCMがあったけど
過信は禁物です。
実績ではLinuxが上手かな。

#6:ポータビリティ
ハードウェアが変わっても、
環境を大きくいじらずに動かせるよ、ってことのよう。
記事では、Linuxは全く調整無しでハードウェアの差し替えが出来た
って書いてありますが、それはかなり幸運なことです。
ビデオカードやその他デバイスのドライバ周りで
苦労すること必至。
Intel Macなら、ネイティブでWindowsも動く。

#7:コスト
単純に物品の購入という意味においては、Linuxには勝てないでしょう。
だってダウンロードしてくるだけだもん。
後々の管理とか手間も含めると、
そんなに変わらないんじゃないカナ。
記事はお金がかからないから、Linuxのほうがいいよ
っていってるが、そういう安易な乗換えは危険だ。

#8:利用可能なソフトウェアの数
数ももちろん重要だが、それより使いたいアプリが使えるかが重要だ。
MS Officeを使いたい人は、その時点でLinuxの選択肢は無い。
利用可能なソフトの数がいくらあっても無意味だ。
OpenOfficeがあるじゃないかって?
それは、#7でいうところのコスト(手間、管理)との兼合いだね。

#9:ユーザーに対するやさしさ
統一された操作と美麗なデスクトップは
それだけで十分やさしいと思う。
俺はこれに価値があると思って、Macに乗換えた。
Linuxで同様の環境を作ろうと思ったら
結構詳しい人じゃないと実現できない。
初心者こそそういう環境が必要なのに。

#10:キーボードの効率性
うちでは、DOS/V用のキーボード使ってますが、何か!?
OSXだって、キーボード差換えれば使いたいように使えます。
Linuxだって一緒だよ。


というわけで、
記事の内容は微妙にポイントを外していたり、
記事の対象者が不明だったり
ラジバンダリで、ぜんぜん腑に落ちません。

どうしたかったんでしょうか...。

Comment

つか、XはLinuxじゃない。ウィンドウマネージャ以前の問題。
そもそも、Linuxにはその記事の言うところのコマンド行さえない。
そこが、ストールマンがGNU/Linuxと呼べという所以でもある。ま、GNUじゃなくてもいいんだけどさ(POSIX互換なソフト使えば)。

的外れではあるが、筆者がLinuxが好きなのはよくわかったw

実は、院生の頃には既にOSXにそう劣らない(フォントもアンチエイリアスだし統合デスクトップ環境だし)状況は作ってたのだが、僕もOSXに乗り換えてしまった。
  • 2008/12/24 22:41
  • いぎ
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。