スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DICOMビューワ、その後

約8ヶ月前のエントリですが
EclipseでDICOMビューワ作る
なんてものを書きました。
これを、ある程度完成させることができましたので
ここに報告。

商品というには荒すぎですし
フリーでもっといいビューワがたくさんありますので
調査と試作、という位置づけです。

DICOM画像をくれたところに許可とってないですし
今後、どう扱うかも不明なので
読込んだ画像とデータを隠蔽した上で
ぼかしたスクリーンショット掲載です。



盛込んだ機能は、
  • モノクロDICOM画像の読込み
  • jpeg、bmp、png形式での書出し
  • 画素の濃度値(Window Width / Window Level)の設定
  • 濃度値の反転
  • 画像の左右/上下反転/拡大/縮小
  • DICOM画像に含まれるヘッダの表示
  • 任意の点間の距離、ないし角度の計測
  • 数種の空間フィルタ

趣味と勉強を考えて、フリーなツールのみを使って作りました。
GPLは避けたので、各ツールのライセンス条項を守れば
改良して売ることもできるようにしています。

EclipseCDTを入れて、コードはC++言語で書いています。
C++なんて使いましたが、オブジェクト指向してません。
(あかんがな~)
GUIの作成はWideStudioを使っています。
主にNAB/MWTプラグイン上で作成しています。
濃度値の変換や空間フィルタなどは、専門書を参考に自作。
こんなにまじめにコード書いたのは、大学以来です。
(いやいや、大学でもまじめにコード書いてなかったな。
もとより、プログラミングは下手の横好きってやつで...)


今回、自由に作らせてもらったことに大変感謝しています。
ありがとうございました。< 関係者の皆様

Comment

画像処理屋としては、
"数種の空間フィルタ"っちゅうのが
気になりますなぁ。

というわけで今年もよろしくね~☆
  • 2008/01/18 22:43
  • さえら
  • URL
  • Edit
> さえら さま
いや、気にする程大したもんじゃないのよ。
ソーベルとか、メディアンとかですわ。
アルゴリズムだってベーシックなもので
オリジナリティなんて無いし。

今度、ブロブ実装したいから、教えてちょ♪
  • 2008/01/19 00:28
  • たねち
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。