スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランジスタ60周年

去る12月16日でトランジスタ開発60周年だそうです。

時に西暦1947年。
米国のベル研究所のジョン・バーディーン、ウォルター・ブラッテン、ウィリアム・ショックレーらが発明。
今となっては、LSIやらマルチコアやら45nmプロセルルールやら
トランジスタ無しには考えられない生活になっちまいましたな。
感謝感謝。

Intelのサイト[pdf]には、60年間の進歩が一目で分かるpdfが置いてあります。
要チェックです。

Comment

半導体の歴史はショックレーに始まり、ロバートノイスをはじめとする裏切りの8人衆のフェアチャイルドセミコンダクタ、インテルと来てますね。
AMDなんかもその8人衆から出来てる事を思うと、ショックレー研究所にはさすがに偉人がそろってたのですな。
嶋先生や西澤名誉教授も忘れちゃなりませんが。
  • 2007/12/19 13:37
  • いぎ
  • URL
  • Edit
そだねー。
Intelも嶋さんがいなかったら、今があるかどうか...
半導体の設計する人達をホント尊敬するわ。
西澤先生にいたっては、最近テラヘルツ波の本を監修してて、幅広いなぁって感心したばっかりだよ。
  • 2007/12/20 00:33
  • たねち
  • URL
  • Edit
その4日前はたねち生誕30周年やったっけ?
たしかシングルコアの!
おめでとう~
  • 2007/12/20 07:36
  • さえら
  • URL
  • Edit
> さえら さま
覚えててくれてありがとう。
シングルコアどころか、クォーターコアくらいの
処理能力しか無いけどな!
  • 2007/12/22 00:17
  • たねち
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。