スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B787初号機お披露目

ドリームライナーことボーイング787の初号機完成お披露目がありました。

シアトルのエバレット工場での会見では
ローンチカスタマの全日空には予定通り
来年5月に引渡し予定と発表されました。
下地島にはいつ頃から訓練に入るんでしょうね(^-^)

B787はB767の後継機で、機体部品の35%は日本製。
重工大手が中心となって造っています。
炭素繊維複合材(CFRP)もふんだんに使われたおかげで
燃費、航続距離とも向上しているようです。
炭素繊維複合材は、エアバスA380にも使われていて
世界的に炭素繊維の値段が上がって大変なんですが...。

また、B787はB777とコクピットの設計思想が同じということで
型式限定の運行資格を求めない方向で検討中とのこと。
B777の有資格者は5日程度の訓練でB787の資格が得られるらしい。
こりゃ、お得です。
エアバスのコクピットもA320~A380まで、ほぼ同様のレイアウトのため
機種ごとの資格を取るコストが低いようですが
ボーイングも近いことをやってきましたね。
飛行機ついでに、羽田の発着枠のニュースです。
9月からの増枠分をJAL、ANA、SKYで分け合って使うよう決まった模様。
2010年には供用開始のD滑走路もできて発着枠が激増しますし
新管制塔もできるし、羽田はこれから大きく様変わりしますね。

実家近くの美保飛行場も羽田の発着枠増に合わせて
滑走路を500m延伸して、2,500mにする予定もあるようです。
B787も発着枠増も滑走路延伸も楽しみ楽しみ♪

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。