スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五社目 上の宮→稲佐の浜→神西湖

出雲大社を出て、稲佐の浜へ向かいます。
途中、出雲の御国のお墓が左にあります。

少し行くと、上宮(かみのみや)という社があって
ここが神在月には神々の会議場になります。
ここにも寄ったんですが、駐車場がなかったので
写真を撮る間もなく、さっと帰りました。

また、大歳社という小さな祠が道の端にあるんですが
ここで神職の方がお祈りをされていました。
ootosi.jpg
道の突き当たりが稲佐の浜です。
inasa.jpg
建御雷神が国譲りを迫った場所であり
神在月にはここから神様が上陸されます。

旧暦10月10日夜、神迎祭(お忌祭)で
大国主命の使者として竜蛇様(海蛇)がやってきて
これを出雲大社までお連れし
出雲の神在月が始まります。

出雲大社の十九社を宿舎にして、上宮で会議をされた後
佐太神社に移られて、最後は万九千神社へ寄られた後
神立橋から各地へ帰られます。

稲佐の浜は雨でどろどろ。
写真もやっとこさ撮りました。ここからは南進して
国道9号に出て、さらに西進。

途中左手に見えるのが神西湖です。
jinnseiko.jpg
その昔は今より海岸線が内陸にあって
出雲大社の目の前まで海だったそうです。
その海を神門水海(かんどのみずうみ)といわれました。
神門水海の名残が神西湖だそうです。
汽水湖なので、ヤマトシジミが穫れるとか。
宍道湖もそうですが、シジミと言えば
やっぱり宍道湖のヤマトシジミですわ。

ここで国道9号線に別れを告げて、再び南進します。
目指すは須佐神社です。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。