スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleのご使用は計画的に

NHKスペシャルグーグル革命の衝撃観ました。
長期密着取材した割には
それが番組作りに反映されていませんでしたな。

もっとも、おれが知りたかった事は
Googleを支えるマシンはどんなかな?とか
どんな方が働いてるのん?とか
どんな仕事してはるのん?とか
飯がうまいらしいが、どんなかな?とか
(また「世界の社食から」でやってくれ)
ですから(つまり技術的、専門的な事)
一般受けする事がないのは重々承知です。

それでも長期取材したなら、それくらいやって欲しいし
放送時間を2時間にしたっていいじゃない!?

ニートが90万円稼げるとか
検索ランクを上げたいだけの無能なクライアントのおかげで
のた打ち回ってるとかは本質ではない。
革命を成し得たバックボーンはどこにあるのかを観たかった。
Googleは
やりたい事や目標が具体的によく分かっていて
それに対してとても素直に、正直に
アプローチしているという印象を受けました。

インターネットが普及し、検索ができるようになって
劇的に情報を手に入れやすくなりました。
言い換えれば、どの会社が品質が良くて、どこがいい加減で
というのが世界中で参照できるわけです。
ユーザはできれば一番の会社と取引したいわけで
この一極集中はループする形で戻ってきて
ネット検索業界、つまりGoogleにもいえるかと思います。

この一極集中に加えて、Googleの扱う品物が
目に見えず、価値の判断を見誤りやすい"情報"であるために
暗に批判的にGoogleをとらえた内容になったかと思います。
Googleを使う我々に「よく考えなさいよ」と
言っているようでした。

いいものを求めて集中してしまうことと
ものを独占されること。
この背反してしまう事柄をどうすればいいでしょう。

一つ目は、同業他社がもっと頑張れ。
二つ目は、他社(のアルゴリズム)で検索すればどう違うか
といった俯瞰する視点を忘れないこと。
三つ目は、便利さを享受する代わりの代償をどこまで許容するか。
言い換えると、Googleをどこまで信頼するか。

これらって、情報に限らず生活には必要なことと思いますが。

放送の最後に出てきたホワイトボード(Google Master Plan)の内容は
ここで見られます。
この内容もさることながら
公開しちゃってるところも、なかなか面白いですねぇ。

参考 : グーグルは今のままでは日本人の人生を変えることはできない

追伸
すごく興味をひかれたんだけど
イメージ映像で出てくるのが軒並みMacでしたね。
分かりづらいようにはしてたけど。
NHKもMacがお好き!?(°▽°)/

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。