スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HP-UX で Apache + PHP

前回までで一通り使いでのありそうな
ツールのインストールを終えました。

次は、Apache + php を走らせてみましょう。

幸いにも、Apache + php は
デフォルトでOSと共にインストール済みです。
後は設定してやって、動かす作業が必要です。

Apacheのインストール場所は
/opt/hpws/apache
です。
キモとなるhttpd.confファイルは
/opt/hpws/apache/conf
以下にあります。

一応オリジナルを取って置いて編集することにします。
> cp httpd.conf httpd.conf.default
> vi httpd.conf


とりあえず、つい最近の講習会で
教わったとおりにしてみます。
AddType application/x-httpd-php .phpを追記。

どうもデフォルトでApacheが動くようになっているようなので
止めてから起動し直します。
> /opt/hpws/apache/bin/apachectl stop
> /opt/hpws/apache/bin/apachectl start

プロンプトが返ってきたので、無事に起動できたようす。

他のマシンのブラウザから
B1000のIPアドレスを直タタキでアクセスします。
と、出た出た。
これ、HPがカスタマイズしてますね。
オリジナルのApacheのページじゃないですが
起動確認もできました。

次はphpです。
phpの設定ファイルphp.iniは
/opt/hpws/apache/conf
以下にあります。

さっきと同様、オリジナルを残して編集します。
> cp php.ini php.ini.default
> vi php.ini


これも教わったとおりに設定してみます。
register_globals = On
magic_quotes_gpc = Off
default_charset = "EUC-JP"
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = EUC-JP
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = EUC-JP
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none


これでApacheを再起動すれば
phpのページが見える...はず!
phpテストページが
/opt/hpws/apache/htdocs
にあります。

が!見えない!
設定が悪い?スペルどっかミスった?
HP-UXにデフォルトで入っているApacheとphpが曲者です。
元々のhttpd.confにモジュールのロードについて
記述してある箇所があるのですが
ここのphpの部分のコメントアウトを外してやれば
何もせずに動いた模様。
こんな苦労しなくてもよかったのか...。

http.confとphp.iniファイルを
オリジナルに戻して#を外します。
そしてApache再起動。
それでもまだphpのテストページは見えません。

何が悪いんだろー。悩むこと数分。
こんなコメントを見つけました。
「ブラウザのキャッシュをクリアするのを忘れないで。」
...これか!?

さっそくブラウザのキャッシュをクリアして
再接続。
見えた!phpのテストページ。
ブラウザのキャッシュのせいとは....

ならば、最初に自分で設定した
httpd.confとphp.iniでも動くはずです。
やってみましょう。
...動作しました。

おっけ。次はSambaにいきましょう。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。