スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HP-UX DTメッセージ・システム

HP-UX 11i のインストールも無事終わり
CDEのログイン画面が出るようになりました。

ところが、rootでログインすると

DTメッセージ・システムを起動できません

というメッセージが出て、ログイン画面に戻されてしまいます。
何度やっても同じ。
CDEでのログインをあきらめて
コマンド画面でのログインを選ぶと、無事にログインできます。

でもせっかくなんだから、ビジュアルにログインしたいモンです。

さて、このメッセージには続きがありました。
/etc/hostsを修正するか、ネットワーク周りの設定をし直せ
ということらしいです。

コマンド行からログインして /etc/hosts を見る。
なるほど、空っぽ。localhostしかありません。
こいつのIPを設定して、再度チャレンジ。

...と、やっぱりログインできません。
さて、本格的に困った。
調べてみると、同じところで悩んでいる人がいました。
/etc/resolv.conf、/etc/nsswitch.conf
/etc/rc.config.d/netconf
も見てみる必要がありそうです。

/etc/resolv.conf はDNSの設定
/etc/nsswitch.conf は名前解決の検索順を記述
/etc/rc.config.d/netconf はネットワークの設定
のようです。

/etc/resolv.conf は良さそう。

/etc/nsswitch.conf はファイルそのものがありませんでした。
同じ階層に、nsswitch.compact や nsswicth.nis 等の
似た名前のファイルがあります。
こいつらをコピーして使えばよさそうです。
これらのバリエーションは何が違うんでしょう?

詳しく調べませんでしたが
うちにはNISサーバがありませんので
(そもそもUNIXマシンなんて他に無い)
/etc/nsswitch.files をコピーして使えば良さそうです。

あとは /etc/rc.config.d/netconf。
これもつつかないで良さそう(な感じ)。

さぁ、リブート!
問題なくログインできましたっ。やれやれ

Comment

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2010/09/11 18:53
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。