スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Classical & Dwarf & Plutons

えーい、ややこしい。
ここにきて惑星の定義の議論が盛り上がってますね。
やっぱり、人は分類したがるもんなんでしょうか。

気持ちはよく分かりますよ。
分類することも科学の一部ですし
技術の進歩によって、理論などは変わっていくもんですし。

なので、太陽系惑星が増えたり減ったりはいいんですが
エラい学者さん達が
自然に合うように(自分たちの主義に合うように?)
定義を作ってるのが、なんか、微笑ましいような。

あと、
「頼むから覚えやすいような名前をつけれ」

「すいきんちかもくどてんかいめい」は
スゴく良く出来てると思うのですよ(笑
英語とか他の言語でも
こーゆー語呂合わせってあるんですかね?

あ、ちなみに。
Astro Arts太陽系再編に絡むコラムが載っているので
興味のある方はどうぞ。

Comment

野尻ボードで、井田茂さん(異形の惑星の著者)が解説を書き込んでいたぞぃ。
  • 2006/08/19 12:19
  • はめせん
  • URL
  • Edit
> はめせん さま
どうもっす。チェックしてみます。
俺も思った
惑星の記憶が面倒になる。
お願いだから「そういう星もあります」くらいにして太陽系惑星の基本枠組みは崩さないでほしいよね。
最低でも和名を付けて語呂合わせさせてくれ!
でないとおじさんには覚えられません!!
  • 2006/08/20 22:34
  • むらさわ
  • URL
  • Edit
人を惑わす星で惑星だからねぇ。
次は「バッカス」あたりがきてほしいです。酒飲み星。
  • 2006/08/21 23:15
  • かえるのねーちゃん
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。