スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京買い出し紀行 書籍編

秋葉原はとっても人口密度が高かった。
駅の改札抜けただけで、街全体が汗臭い。
中央通がごった返してる。

オタクの熱気が上昇したせいか
突然の大雨がっ!
「どへー、本屋に退避だ」
この前味をしめたので
秋葉原デパート3Fへ。
やっぱし、買っちまったのであります。

菊池 直恵 / 小学館(2004/11/30)
Amazonランキング:4,514位
Amazonおすすめ度:

表紙見て、1~5巻を一気買い。
3巻まで読みましたが、すっげー面白い。
嫁もややハマりつつあります(しめしめ


宮本 昌幸 / 講談社(2006/06/21)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:

題名と中身をちら見して、買い。


keiko / ソフトバンククリエイティブ(2006/03/18)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:

文庫本化してたので、買い。


鶴田 謙二 / 徳間書店(2006/06/30)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:

鶴田謙二の表紙に反応。
「アンソロジーものかぁ」と落胆した次の瞬間
吾妻ひでお、あさりよしとお、鶴田謙二
トニーたけざき、いしいひさいち、安永航一郎
寺田克也、とり・みき
の豪華執筆陣に反応。即買い。

う~ん。
鉄分は多くないつもりだったんですが
やっぱ車輪がついた乗り物に弱いなぁ。

今回の買い物は本のみ!
「秋葉原に本を買いに行く」人って
あまり多くない気がする...。

Comment

なつかしいな、伝説のスッチー
  • 2006/07/18 22:50
  • いぎ
  • URL
  • Edit
懐かしくって、買ったのさ
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。