スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダビンチ・コード観た

土曜日に話題の映画、観てきました。

小説を読んでないと、展開について行けないって
言われてたんですが、そうでもなかったです。
内容の真偽について世界中で色々もめてますが
ミステリーとして、とても面白かったです。

映像も良くて、ルーブル美術館に行きたくなっちゃった。
孫娘役のオドレイ・トトゥもすてきだったし
ジャン・レノもかっちょええ。
おれも含めて、日本人は割と宗教にとらわれてないから
大きな事件も無く上映になったんでしょうが
これが、例えば「いとやんごとなき御方」を題材にして
今回と似た衝撃的で、事実とも受け取れる内容の映画だったら
各方面黙ってなかったんだろうなぁ、と思うわけです。

仁徳天皇陵は本当に仁徳天皇のお墓か?とか
天皇の血筋は本当に万世一系か?とか
伊勢神宮にダヤ教のシンボルである
カゴメ紋(ダビデの星)が入った灯籠がなぜあるのか?とか。
(「♪かーごめかごめ」なんて言う童謡もありますな)

....だんだんとトンデモ系になっちゃいましたが。
やろうと思えば、こんな題材でも出来るし
何より、日本にだって不思議な事は沢山あるわけです。

映画でもそうでしたが、結局落としどころは
真実は人の数だけある
っちゅーところでしょうか。

Comment

私も観たい
観たのですか!あ、自己紹介。私はROSYです。薔薇が好きだからROSY。私も話題のダビンチコード観たいんですよ~。でもカトリックの人じゃないとわからないかも...って意見もあって迷ってますわ~。ではでは。
ご訪問、ありがとうございます。

キリスト教を知ってれば、楽しみ倍増だし
知らなくても楽しめると思います。
おれだって、クリスチャンじゃないですし。

ぜひ観に行ってみてください。
1,800円払ってもいいと思いますよ。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。