スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工網膜の今

光を失った人達へ人工網膜を移植するという研究が進みつつあるようです。

MITが研究しているもの
厚さ1.2mm四方の電極を直接目に埋め込み
ビデオカメラに接続された眼鏡を着用する。
カメラからの視覚情報は無線信号に変換され
白眼に装着されたチップに送信される。
このチップが人口網膜の電極に対して
電流パルスを放出するよう命令を出すという仕組み。
もちろん、視神経が残っている事がシステムの前提。

あるいは、別な所では
16個の電極を持ったチップを実際にボランティアの被験者に埋め込んで
光の点滅や、複数の物体の位置を確認できるところまできてるそうな。

いずれも大掛かりな外科手術が必要なものの
目の見えない人にとっては、人生が変わる大きな出来事になります。
実際、この手術を受けたい人が殺到してるらしい。
自分が技術者にならんとするところの一つに
ハンディを持ってる人達に、健常者の人達と同じ生活をしてもらいたい
という気持ちもあるんです。
そんなわけで、スタートレック(TNG)に登場する
ラフォージ中尉は目指す所の一つな訳です(w

最近はサイボーグというか
義手義足のすごいやつも研究が進んでるし
おれが生きてる内に、「実用化にメド」あたりまではいって欲しい。
っていうか、できることなら、そんなことに首を突っ込みたい。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。