スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐震偽装のソフトって

違う解析手法で解析したら、許容範囲内の数値だったってニュースになってましたね。

そんなの、あたりまえやん。

詳しい解析手法は知りませんが
パラメータいじくれば、結果が変わって当然だし
パラメータが同じでも解析アルゴリズムが変われば、結果も変わる。
少しでも計算機でシミュレーションやった事がある人なら
ごく、当たり前の事です。

結果が違う事をどう扱おうかと、役所の方々はじめ
当事者の皆さんが対応に追われていますが
結果が違う事への対応に終始していて
本質である
「実際の地震が起きた時の建物の応答とシミュレーションとの整合性がとれているか」
の議論が聞こえてこないのは、なぜでしょう。

それらのアルゴリズムを用いた結果を用いて
建物が建てられている現状をみると
当然、その整合性はとられているでしょう。
ならば、シミュレーションの結果は値が偽装されてないなら
(条件範囲内で)信じていい。
結果が違っても、地震で倒れる事は無いなら
騒ぐ必要って....無いんじゃない?
住む方にしたら、いい気はしないんですが(^^;

話は違いますが
耐震と免震と制震って違うんですね。

Comment

まぁ、粒度かえても全然違うしね。
有限要素法とか、要素の形とか数とか。
  • 2006/03/10 22:46
  • いぎ
  • URL
  • Edit
大学の時に、思い知ったもんねぇ(w
ニュースになるくらいなら分かるんだけど
古○伊知郎が目をグリグリさせて、意味不明な事を熱弁する程ではないと思うわけ。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
そっくりでショーパート10、この二人指名手配致します。
トリノオリンピックや金メダルの話題で近頃とんと聞かれなくなった耐震偽装問題。この二人今頃何処で何をしているのでしょう。まさか新しいマンションの設計や建築に着手してはいないだろね。この姉歯元建築士とヒューザーの小嶋社長の関係は任侠の世界に例えれば親分と子分
  • 2006/03/10 17:59
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。