スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルニア国物語を観た

今日から公開の「ナルニア国物語」を観てきました。
その感想を書きたいと思います。
注意1 : 映画の内容を含むので、観ていない方は読まないで下さい
注意2 : 原作小説を読んでいません。純粋に映画の感想を書きます


凡庸な映画。つまらない。
この手の映画に必要と思われる、主人公達の成長が描かれていない
あるいは表現が十分でなかったので、全く感情移入できませんでした。
指輪物語のような、心の葛藤や友情といった表現に欠け
家族愛、兄弟愛の再確認しか出来ていません。
宮崎駿監督の本の中に
「ディズニーの映画は、入口と出口が一緒。」
という表現があったのですが、それを痛感しました。

時代背景が2次大戦中なのですが、その状況下で母や父の事を忘れ
ナルニア国に残れる神経が分かりません。
しかも帰る時にも一方的に帰ってしまい、まったくもって無責任。
「千と千尋」の千尋でさえ、自分の名前を忘れず
家族を救おうと頑張るのに。

逆に言えば、すごくリアリティのあるストーリーかもしれません。
実際に彼等の状況に置かれた場合、ストーリーにあったような対応、ふるまいしか出来ないかも知れない、と思わせます。
ただ、映画はエンターテイメントですから、リアリティにこだわるより
多少大げさな所があってもいいし、それを強引に納得させてしまうような
ストーリーであっても良かったのではないかと思います。

映像は美しく、CGもきれいです。
ただCGのすごさというのは
映画の評価以前の問題になりつつあるような気もします。
CGがスゴいから観に行って、と言える時期はすでに過ぎたと。

大会戦のシーンもありますが、これもカメラワークがあまりいいと思えなかった。
ごちゃごちゃしてただけだし、冒頭の2次大戦っていう前振りがあるのだから
それと対比して、レトロな白兵戦の泥臭い所、もっとグロかったりしても良かったかな。
子供も観るという配慮があったのかも知れませんが。

無駄に金のかかった作品ですね。

Comment

 くすくす。ディズニーですから、中身は単純。原作のストーリーもひねってないから、たぶんかなり忠実に作ってるんでしょう。わしもそのうち、見に行きますよ。アスラン見たさに。
 大戦中の話にしたのか。別の家に住む、ということの理由付けが欲しかったのかな。
  • 2006/03/05 16:52
  • まるさん
  • URL
  • Edit
ということは、原作では別な家に住む理由が
違うってことですね。
なら、ますます大戦中にした理由がわからんです。
アスランはよくできてました(笑
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ナルニア国物語 その2
●『ナルニア国物語』2006年3月4日公開。全米では9日に公開。首位デビューで製作資金(制作費一億五千万ドル)もなんとか回収できそう。心配なのは『キングコング』の史上最高の制作費2億ドルがなんとかヒットして回収できるくらいまでいってほしい。ある雑....
  • 2006/03/06 17:09
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。