スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汗疱に効く市販薬

あまり回復がない手の汗疱ですが、色んなサイト(たとえばこれ)を観てて
エスエス製薬のメモAというのがよく効くようなので、買って試してみてる。



ドラッグストアの売り場的には、皮膚薬ではなく切り傷とか消毒薬のあたりにあった。
探したけど無かったので、やや悩んでしまった。


薬の感じ
薬は淡黄色で、匂いも外見もキップパイロールにそっくり。
(実は我が家のアンチ切り傷常備薬はキップパイロールなのだった。最近オロナインも配備されたw)
エスエス製薬の名誉のためにいっておくと、メモAとキップパイロールは有効成分が全く違う。
香料が似ているだけなんだと思う。
結構コッテリ系の薬なので、仕事中やキーボードを触るときなどは要注意。
塗った後には触れなくなってしまうので、綿手袋が必須。


症状の改善
この一週間、塗って綿手袋はめていると、確かに少し良くなってきた。
かゆみがひくのはもちろん、問題の汗疱が出なくなってきた。

汗疱の厄介なところは、皮膚が再生して治ったと思っても、また皮膚下に水泡ができ始めること。
水泡ができるとかゆくなる。
かいてしまうと手が荒れて逆戻りだし、かかずに我慢したり放っておいたとしても、
しだいに皮膚が硬くなってきて、あるときパックリ皮膚が割れる。

水泡ができないこと、できにくくすることが一番の対処法と思われるけどどうも手立てがなかった。
メモAを使っていると水泡ができにくくなっていると感じる。
メモAにはかゆみ止めに加えて殺菌剤も入っているので、これが良いのかもしれない。
ちなみにオロナインにはかゆみ止めの有効成分は無いので、メモAほど顕著にかゆみは治まらない。

加えて、ステロイド薬ではないので用量や塗る頻度に気を使わなくていいのも美点。


もうしばらく使ってみる。メモAが決定打になればいいな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。