今のクルマはかっこよくないんだ

前回からの続き。
トヨタのハチロク、スバルのBRZの話から脱線しつつ駄文垂れ流し中...。


さて、最近の記事では田中辰巳さんが

昨今のトレンディードラマにも、デートに車が登場するシーンは滅多に見られない。これでは、若者が車に乗りたくなる訳がない。私はこれが、若者の車離れの最大の原因だと思っている。

と分析しておられます。

クルマはかっこよくない、と。
単なる移動手段となったクルマに公共交通機関以上の価値はないよ、と。
そんな意味合いに受取りました。

加えて、経済状況もよくないですから
2台目のクルマを買うなんてことも少ないし、買うとなっても軽自動車
というのが現状ではないでしょうか。

もっとも、経済状況の悪さが
燃費のいいクルマや経済的なクルマは造るけどニッチなクルマは造らない
という選択をさせるのも確かなわけです。

エコなんかもそうです。
欧州なんて環境車=ディーゼル車になっています。
日本は環境車=ハイブリッド車。

ハイブリッド車がいけないとはいいませんが
重い上にレアメタル(レアアース)を必要とするような電池を積んで走るなんて、おかしいと思いませんか。

マラソンランナーがバッテリ背負ってロボット的なアシスト装置を使って走るようなもんです。
体重絞って、肺機能上げて、とトレーニングするのが正しい方向だと思うのですが。

エコ替えなんてCMしてた企業もありますが最低だと思っています。

・インフラ整備の無関心さ
 (消費者が望むクルマだけ造ってればいいでしょ)
・クルマの持つ付加価値の低下
 (付加価値をクルマに持たせられない)
・不況
・偏った環境意識
 (とりあえず、ハイブリッドってにしておこう)
こういった原因が複合的に作用し合って
かくして、クルマはステータスシンポルの座から降格。
クルマ離れを醸成しているのではないでしょうか。

でも、ちょっと待って。

スポーツカーが売ってないから車離れするんじゃなくて
元々クルマに興味が無いんじゃなかろうか。

Read more...

スポンサーサイト