スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BEATの純正アクセサリ限定販売

これは素晴らしいよ。
自動車メーカ数あれど
ここまでの対応をしてくれるのはなかなか無い。
自動車数あれど
メーカにここまでさせるクルマもめったに無い。

↓スペシャルサイト↓


スポーツカーは嗜好性が非常に高いので
手放さずに乗り続ける人が少なからずいる。
「この年のこの型がぁ!」みたいに
ビンテージワイン真っ青なレベルですよ。

ワインと共通することは
特別な時空を味わい、楽しめること。
それは何にも代え難い経験と充足感を得られる。

ワインと違うのは、
自分好みにカスタマイズできたり
壊れたら直してまた乗れること。
直すのを人に頼んでもいいけれど
時間と少しのお金があれば自分で直せば
もっと楽しい。

だから、部品作り続けてる工房があったり、
レストアを楽しんでる人たちが世界にいっぱいいる。
嗜好性が高いクルマに大切なのは
クルマと部品を作り続けることなんだ。

Read more...

スポンサーサイト

11月3日は「まつもと市民祭」

11月3日(木・祝)は「まつもと市民祭」があります。
松本市内の中心部がホコ天になったり
各所でいろんなイベントが開催されます。

今年は会社の休みが合うので
出かけてみようかな~、と思っております。

まずは、これ。
高砂通りで行われる高座。
あおぞら寄席」 13:00~
生で落語が聞ける数少ないチャンス♪

おあとは、これ。
城下町酒楽まつり2011
県内18の蔵元が集結して地酒の試飲大会。
しあわせな感じがするでしょう?

特に寄席の方は、お世話になった村山人形店さん
店主さんが中心に頑張っておられる様子。
見に行きたいなぁ~。

LifeTouch NOTEにインストールしたソフト

Gooogle Reader
なんか、Google+に統合するなんて話がありますが...

Gmail
メーラは付属してきますが、こちらのほうが扱いやすかったので。

ジョルテ
こちらも標準のカレンダーソフトが使いづらいので入れました。

Evernote
LifeTouch NOTEにして一番使いやすくなったのが
Evernoteとの連携。
Evernoteは自分なりに手探りしながら使っているので
そのうち機会があれば(多分ないとおもうけどw)
使い方をまとめて書きます。

Jota Text Editor
ライフノートっていうエディタが付いてきますが
通常のテキストファイルを開いたり作成するためにインストール。

Soicha
インタフェースの見た目の良さと機能が多彩なので
iPod touchに入れて使い始めたTwitterクライアント。
android版は広告が入るのと、動作が重たいので
違うクライアントに乗り換えようか迷い中w

Dock4Droid
MacのMission Controlに慣れてしまって
ソフトの切り替えを簡単にしたくなってしまい、インストール。
見た目がMacのDockに似てるので入れてみた。
時々誤動作するけど、今のところそれほど気にならず。

ESタスクマネージャー
バックグラウンドでGoogleマップとかが走っているので
キショイのでタスクキラーとして入れた。
キャッシュのクリアとかもできていいけれど
やや重たい(多機能すぎる)印象。
いいソフトがあれば、教えてほしい。


でもなんといっても珠玉なのは、ATOK。
ありがとう、ジャストシステムw

LifeTouch NOTE インプレッション

こちらで、LifeTouch NOTEを数日使ってみての
主にハードウェア面の印象を書きます。


サイズ 満足度★★★★★

手持ちの 13" Mac Book Pro と比べて、このサイズ。
重量もカタログ値で699gと軽くできています。
もう少し薄かったら、もっとよかったのに。


デザイン 満足度★☆☆☆☆
ボテっとしていてイマイチです。
MBPと比べちゃいけません。
天板もピアノブラックは指紋をつけろ、と言わんばかり。
キーボード側より画面側がヘビーなので
画面の角度によっては向こう側へ倒れちゃいます。


キーボード 満足度★★★★☆
当初の目論見通りハードウェアキーボードでの文章入力は
かなり快適で速く作業できます。
ただし、Tabキーで入力項目を変更していけないソフトがあって
その度にパネルをタッチしなくてはいけません。
キーボードはペタペタで入力感は良くないですが
ひとまず及第点です。


画面 満足度★★★☆☆
画面サイズは800x480。
ちょっと物足りないかな、と思ってましたが
いい意味に裏切られました。
パネルはマルチタッチに非対応で上手く操作できない時があります。
コストダウンのために割り切った感がありますが
静電容量式のパネルでも良かったんじゃないかな。


OS 満足度★★★☆☆
iOSとandroidでやっぱり違いを感じます。
androidはソフトがバックグラウンドでずっと走ってるんですね。
画面のスクロールもiOSの方が心地良い。
良い意味でのヌルヌル感がiOSにはありますが、androidは固い。
入力の方法がソフトごとで違ったりするのも致し方なしですが
種類が豊富なのはいいことかも。


電源 満足度★★★★☆
バッテリの持ちがいいです。
モバイル機器としてはとても重要かと思います。
一方でACアダプタが大きくて重い。
せっかくなのでもっと小さいものが良かった。


まだ使い始めたばかりなので使ってない部分も多いです。
今後随時更新していくことにしますが
総じて好印象。買ってよかったです。

LifeTouch NOTE 買ってしまった

NEC LifeTouch NOTE を買いました。
←これ。

元は4万円台の高級機種でしたが、ここにきて価格下落
作った人たちは悔しいとは思いますが
購入の閾値が下がったのはありがたい。


購入理由

そう、iPod touchを持ってる身にすれば
必要のないガジェット。
購入を後押しするには、それなりの不満材料があったのです。
 
 1.タッチパネル上の仮想キーボードから入力するのがツライ
  やはり画面の小ささから文字入力に非常に手間取ります。
  思ったところにカーソルを持っていけないし
  文章編集に手間取ってました。

 2.iPhoneがdocomoから出ない
  docomoユーザの私からすると、とっても残念w

 3.嫁もMac Book Proを使うので使いたい時に使えない
  嫁に優先的に使わせてあげたい部分もあるし。

 4.Wifiが使えないところでも、オンラインで使いたい
  これはそもそもiPhoneやandroidケータイでないと
  実現できそうにありません。

解決策として、iPad2を買う、Mac Book Airを買う
というのがあった。
iPad2も仮想キーボードだけど、画面がでかいから
ましなんじゃないかと。けど、価格面で挫折。
MBAもいいけれど、iPod touchの代替としては
大きいし、えくすぺんしぶ。

そこに降って湧いたように
LifeTouch NOTEの価格下落情報。
魅力的なハードウェアキーボード
軽量、コンパクト。評判も悪くないし。
androidも使ってみたい。

というわけで購入と相成りました。

もう一つの問題は、Wifiが使えない場所で
なんとかオンラインにできないものか...

これは別な方法で解決を図る計画を立てたのです。

Thank you and Good-Bye


Rest in peace, Steve.

関連記事リンク

いいものはみんな日本製?

仕事で物品の入荷検査をしているが
アクリル板の加工品の表面に
傷や糊状の異物付着が多すぎ。

透明なので傷が目立ちやすいってことを差し引いても
カットして文字を印字してあるだけのもので
どうしてこんなに、っていうほど多い。
ちょっと商品として売れない。

透明アクリルはよく使うので
今までも度々同じことがあった。
うちが欲しい品質っていうのを
加工屋さんは十分理解してもらっているはずなのに...。

あんまり厳しく言うと
「作らない」とか「作れない」とか
言い出すんだよな...。
むしろ、どうやればうまく作れるかを
提案してもらいたいんだけど。


話は変わって
今日アスクルから届いたレターケース
透明アクリルの曲げもので
曲げ精度はそんなに良くないものの
さっきのような傷は一切無く。
正直、どこで加工してるのか教えて欲しいw

...と思ったら、"Made in China"。
うーむ、恐るべし中国製。

その時、ふとBack to the Futureを思い出した。

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。