スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八社目 揖屋神社

元来た道に戻って、国道9号線の下をくぐると
左手に揖屋神社があります。

iya1.jpg
日本書紀に言屋社(いやのやしろ)、出雲国風土記には伊布夜社(いふやのやしろ)の記述があって
熊野大社と同じくらい歴史があるそうです。

意宇六社(おうろくしゃ)の一つ。
意宇六社は、ここの他に
熊野大社、真名井神社、六所神社、神魂神社、八重垣神社
をいいます。

iya2.jpg
しめ縄は、右頭の左巻き。
拝殿と、その後の少し高いところに本殿があります。
主祭神は伊邪那美命、大己貴命、少彦名命、事代主命。
本殿左右に摂社があって、向かって左が韓國伊太氏神社(からくにいたてじんじゃ)で
須佐之男命、五十猛命(いそたけるのみこと)を、
向かって右が三穂津姫神社で三穂津姫が祀られています。

この五十猛命は大屋毘古神(おおやびこのかみ)ともいって
須佐之男命の息子さんです。
日本書紀には、高天原を追われた須佐之男命は五十猛命とともに
新羅に行ったが、この地を嫌って出雲に来たという話があります。
また、五十猛命は樹木の種を植えてまわったという話もあります。
前者の属性から、韓國伊太氏神社の名前がついたとすると
須佐之男命は渡来系の神様ということになります。
後者の属性は、大国主命に近いですね。
この韓國伊太氏神社を追っていくと、また面白そうです。

Read more...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。