スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄泉比良坂

国道9号線を松江へ向かう途中
揖屋(いや)の手前、平賀を左折します。
看板の通りに少し登っていくと行き止まりになり
そこが黄泉比良坂(よもつひらさか)です。
軽自動車が3台くらい停まるスペースがあります。

車から降りて、夕方や夜に来なくてよかった
と心底思いました。
yomi1.jpg
心霊系は縁がないこともあって
信じていないけれど
さすがにこの雰囲気には、ちょいびびり。

国産みをした伊邪那美命(いざなみのみこと)は
火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を生んだ際に
命を落としてしまいます。
夫の伊邪那岐命(いざなぎのみこと)は妻を追いかけて
黄泉の国へ行きます。
2人一緒に葦原の中つ国に帰ろうとするのですが
ふと伊邪那美命の姿を見ると、とても恐ろしい姿になっていたため
恐くなった伊邪那岐命は逃げ出します。

伊邪那美命は恥をかかされたとして、怒って夫を追いかけます。
最後に黄泉比良坂まで来たところで
伊邪那岐命は桃の実を投げつけ、道を千引の大岩で道を塞ぎ
やっと逃げのびることが出来ました。
この地の名を伊賦夜坂(いふやざか)というそうです。

伊賦夜(いふや)→揖屋(いや)になったんですね。
yomi2.jpg
これが黄泉の国との境(だと思う)千引の大岩。
近くには桃の木もあって、まさに神話の通り。
この向こう側が黄泉の国なのかぁ、と思ってドキドキしながら覗いてみると
向こうの畑でおっちゃんが農作業中。
ほっとしたような、そうでないような(^-^;

Read more...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。