スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和鋼博物館

日を改めまして、出雲は意宇(おう)めぐり。
実家を出てから、国道9号線を下り安来市へ。
まずは和鋼博物館を見学します。

wakou1.jpg
中国山地は良質な砂鉄が取れ、森林も多かったので
たたら製鉄がさかんにおこなわれていました。
そのたたら製鉄を中心とした博物館です。

たたら製鉄は砂鉄と木炭を炉で精錬して
鋼を取り出す手法です。
炉を粘土等で作り、そこへ砂鉄と木炭をくべていきます。
炉の左右には吹子が作られて
ここから空気を炉内へ送ります。
砂鉄と木炭の割合や、くべるタイミングは
村下(むらげ)と呼ばれる親方によって決められ
精錬は三日三晩休み無く続けられます。
三日後に炉を壊し、精錬されたケラを取り出します。

wakou2.jpg
このケラが鋼そのもので、場所によって特級とか
一級等に分けられます。
これを玉鋼(たまはがね)といい
現在でも、安来の玉鋼によって日本刀が作られています。
同様の製法によって大量生産されたものは
安全カミソリの刃やエンジンのピストンリング等
工業製品にも広く使われています。

たたら製鉄といえば、もののけ姫
イメージする方もおられるかと思いますが
実際と大きく違う点があります。
たたらの鍛冶場は女人禁制なのです。
なぜなら、たたらの神様
金屋子神(かなやごしん)が女嫌いだから。
俺とはえらい違いですな

Read more...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。