スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三社目 出雲大社

再び431号線に合流して、西進します。
kizuki1.jpg
途中、山陰唯一の私鉄一畑電鉄と並走。
古い車両ですねぇ(^-^;

ついに来ました出雲大社
後で見ようと思っている古代出雲歴史博物館の駐車場へ入れて
とりあえず大社に先に参ります。

松並木を抜けて、銅の鳥居をくぐると拝殿です。
拝殿前の銅鳥居は毛利家が寄進したそうで、銘文もあるんですが
漢文を諦めた俺にはちんぷんかんぷんです。
kizuki2.jpg
大社のしめ縄は、向かって左が頭の左巻き。
これは日本一といわれる神楽殿の大しめ縄も一緒でした。
しかも拝殿は本殿から向かって左へオフセットして建っています。

参拝方法も知ってる人は知っている、二礼四拍手一礼。
ちなみに、出雲のすべての神社が四拍手なわけではありません。

kizuki3.jpg
本殿正面です。
正月なら、この八足門が開放されていて、お庭に入れるのですが。
八足門の雲(?)の彫刻もすごいです。
石畳にある赤い3つの丸は、発掘された宇豆柱を描いたものです。
昔は「雲太、和二、京三」の順で、建物の高さが高かったそうです。
雲太は出雲大社、和二は東大寺大仏殿、京三は平安京大極殿です。
その高かった出雲大社本殿は、3本の柱をくくったものを9セット作り
その上に本殿があったそうな。
実際に発掘された宇豆柱が古代出雲歴史博物館にあります。
kizuki6.jpg

高い社は大国主命が国譲りに際して要求した項目です。

余談ですが、この要求の中に天穂日命(あめのほひのみこと)を大国主命の祭祀者とすることがあります。
この天穂日命が現在の出雲国造(千家家、北島家)の祖先です。

Read more...

スポンサーサイト

ニ社目 佐太神社

美保神社から国道431号を一路松江市へ。
松江市に入ったところで国道431号から別れて
鹿島方面へ向かいます。
佐太川を渡ってすぐのところに佐太神社があります。

sada1.jpg
本殿は東向きで3社建っています。
向かって右側(北殿)に、天照大神(あまてらすおおかみ)、瓊々杵尊(ににぎのみこと)
正殿に、佐太大神(さだのおおかみ)、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)、速玉男命(はやたまおのみこと)、事解男命(ことさかおのみこと)
左側(南殿)に、須佐之男命(すさのおのみこと)、秘説四座
が祀られています。

神在月(旧暦10月)に稲佐の浜から来られた神々は
出雲大社に寄った後、佐太神社に来られます。
神在祭(じんざいさい)はお忌み祭ともいわれて一種独特だそうです。
ぜひ神在月に来て、お祭りを見てみたいです。

佐太は佐陀とも書かれるそうで
蛇のイメージがあります。
実際、お忌み祭のとき、竜蛇様と呼ばれる海蛇が
神のより代として祀られるそうです。
お忌み祭も、おいみさい←おみいさい←お己祭
と語感が似てて面白いです。

それにしても大社造り3連チャンは勇壮です。
南殿横に社日社があり
その裏手に裏山へ上っていく道がありました。
途中まで登ったのですが、時間がかかりそうなのと
どことなく独りなのが恐くなって途中で降りました。
きっと何か社があるんでしょう。
sada2.jpg

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。