スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EC Is Here !

11月20日、エリック・クラプトンの東京公演初日に行ってきました。
前にも書きましたが、念願のチケットだっただけに喜びもひとしおです。
しかも、日本武道館初潜入です。

最寄りの九段下駅2番出口あたりから、すでに人だかり。
歩道には出店が出てるし、門をくぐるあたりではダフ屋がいっぱいいます。
人の流れに合わせて歩いて行くと、到着。
img016.jpg
武道館。これがそーかー。

年齢層は幅広く、ちょっぴり高め。まぁ無理もないっすねー。
取れた席は南側2F最前列。アリーナの最後尾よりはいいか。
img017.jpg
日の丸でかっ。

そして、御大登場。
相変わらず、シャツにジーンズ。昔はアルマーニなんて着てた人なのに....。

今回はトリプルギター構成。
御大の他に、Doyle BramhallとDerek Trucksが弾いてます。
曲ごとのソロの部分も、結構な時間弾いてました。
この2人、とっても巧いんでしょうが、音響と合ってなかったんでしょうか
「ん!?」って思う箇所がいくつか。
特に、Derek Trucksの方はブルースはあんまし巧くない感じ。
いや、もちろん、ギター弾けないおれがテクニック的にどうこう言えないわけですが
この人のブルースは響いてこなかったです。

さすがにClaptonは心に響いてきますね。(多分に気持ちの問題かも)
後半のWonderful Tonightでは、涙がちょちょぎれです(T▽T)
となりのサラリーマン風のおっちゃんも、号泣。
わかる、わかるよー。
CDやDVDでは伝わってこない、すごさというか
テクニックとか理屈を超えたもんが入ってきました。
さすが、神様。

曲の合間もトークは無し。
曲の終わりに、「ドーモアリガトゥ」
と一言あるだけ。ギタリストですねぇ。
曲ごとに、ちゃんとギターやピアノのソロパートを作っていて
ブルースやジャズ好きなおいらには違和感無く、とても楽しめました。

できれば、アンコールをもう2曲くらいやっていただけると嬉しかったです。
あれ?もう終わり?って感じだったので(笑
おじいちゃんを酷使しちゃだめかなぁ(^-^;

ここしばらくは、iTunesでライブの余韻に浸りますわ。

Read more...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。