スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転石伝説

第40回スーパーボウル、楽しかったです。
まだ観ていない方の為に、試合内容は置いといて。

それにしても、ローリングストーンズは元気だった。
ミックジャガー動きまくり。
激しさはそれほどでもなかったけど、熱かったですな。
ロッケンローラー、かくあるべし。

あと、アレサフランクリン、大きくなり過ぎ。
引きの画面で「隣の肉塊はなんだ!?(失言」って思っちゃう程。
ブルースブラザーズ2000以来、見てないもんなぁ。

Read more...

スポンサーサイト

エアラインランキング

日本版Newsweekに、航空会社の安全度ランキングが載っているようです。

過去12年間の事故数や保有機体の年数などを基準にランキングして
総合トップはルフトハンザ(独)
2位がブリティッシュ・ミドルランド(英)
3位がブリティッシュ・エアウェイズ(英)
だそうだ。

アジア圏でのトップはキャセイパシフィック(香港) (総合11位)
2位が全日空(日) (総合12位)
3位がアシアナ(韓) (総合18位)
ちなみに、日航(旧JAS)は60位、日航(旧JAL)は62位。

このランキングの信憑性は置いといても
ま、トップは妥当かなって感じですねぇ。

安全か否かはエアラインを選ぶ時の重要な指標の一つですが
他にも価格とか、機内食が美味しいとか、FAが綺麗とかも、大切な指標ですよね。

安全で言えば、もし何かあった場合
保険や補償がエアラインの母国の法律に順ずる事が多いです。
全日空なら日本の法律が適用されるし、ユナイテッドならアメリカ
エールフランスならフランス、エアインディアならインドの法律、ってな具合。
国やエアラインによっては、補償額が十分でなかったりする事が起き得るので
この辺もエアライン選択のポイントになるでしょうか。

とはいっても、海外に行った事ないし
だいたいおれの田舎への便はA社独占だし。
市場原理、働いてません。なんとかしてくれ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。