スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IFTTTから残念なお知らせ

こんなメールがきました。全文引用掲載。
Dear hi_tane,

In recent weeks, Twitter announced policy changes* that will affect how applications
and users like yourself can interact with Twitter's data. As a result of these changes,
on September 27th we will be removing all Twitter Triggers, disabling your ability to
push tweets to places like email, Evernote and Facebook. All Personal and Shared
Recipes using a Twitter Trigger will also be removed. Recipes using Twitter Actions
and your ability to post new tweets via IFTTT will continue to work just fine.

At IFTTT, first and foremost, we want to empower anyone to create connections
between literally anything. We've still got a long way to go, and to get there we need
to make sure that the types of connections that IFTTT enables are aligned with how
the original creators want their tools and services to be used.

We at IFTTT are big Twitter fans and, like yourself, we've gotten a lot of value out of
the Recipes that use Twitter Triggers. We're sad to see them go, but remain excited to
build features that work within Twitter's new policy. Thank you for your support and
for understanding these upcoming changes. If you have any questions or concerns,
please contact us at support@ifttt.com.

Linden Tibbets
IFTTT CEO


*These Twitter policy changes specifically disallow uploading Twitter Content to a
"cloud based service" (Section 4A https://dev.twitter.com/terms/api-terms) and
include stricter enforcement of the Developer Display Requirements
(https://dev.twitter.com/terms/display-requirements).

IFTTT
Put the internet to work for you.


TwitterのAPI利用ルール変更に伴って、9月27日からIFTTTで
Twitterのトリガを利用したデータ取得ができなくなるよ。
IFTTTを使ってTwitterに投稿するのは引き続きできるよ。
ということらしい。

がんばって各SNSの情報共有網を編み出したとこだったのにw
困ったけど、しょうがないね。
スポンサーサイト

iPod touch 5G / nano 7G 発表

新しいiPod touch、iPod nanoが発表になりました。

今んトコiPhoneに興味が無いので、もっぱらiPodの方が気になるわけです。
ちょっくらiPod touchの変わり様をまとめてみました。


まずはハードウェアから。
 touch 4G touch 5G 
サイズ 111.0 × 58.9 × 7.2 123.4 × 58.6 × 6.1 
重量 101 g 88 g 
ディスプレイ 3.5インチ
960x640 
4.0インチ
1136x640 
カメラ 0.7Mpix
720p 
5Mpix
1080p 


縦長になっただけではなくて、軽く薄くなっとります。
カメラの画素数も上がって少しは今風になったかなw これだけでも買い換えポイントにはなりそう。
ついでにRetinaディスプレイが奢ってあって、こちらも物欲ポイント。
ただディスプレイの横幅が640pixelしかなく、960pixelないのはちと残念。

今まではnanoまでしかカラーバリエーションがなかったけど、今回はtouchも色が増えました。
これは素直にうれしい。オンラインストア限定の赤がかっこいいなぁw

続いてソフトウェア。
iOS6がどんな感じかは触ってみるまで分かりませんね。
事前に発表されてる、地図ソフトの変更、YouTubeアプリの未対応あたりの使い勝手がどうか。
Siriも日本では一部の機能が使えないようだし。

自分はカメラのスペックが上がったことで、
SHOTNOTEがマシに使えるようになるかな、と淡い期待を持っています。

余談ですが、Wall Street Journalとかでは、特にiPhoneに対して
「NFC載ってないの、つまんなくね?」とか「技術的な新鮮味がないよね」と叩かれております。
NFCに限って言えば、その性格上公共性が高いことがひとつあります。
iPhoneが搭載すればおそらくその規格がデファクトになると思われますが
それによる非難の集中を避けるという一面があるのかな、と邪推しています。

NFCの流れがもっと固まってから、その方面に強い企業を買収するという手も取れますし
FeliCaがデファクトな日本周辺にとっては、むしろ今回iPhoneがNFCを搭載しなかったことに
胸をなで下ろしてるところもあるんかな、なんてw

ひとまず、iPod touch 5Gは年末ボーナスで買う?くらいの感じで考えとこうかな。

Read more...

Nikon1 アップデート

Nikon1 J2が発表されました。


スペックを見ると、J1とほぼ一緒。J1sとかでもいいんじゃない?って思う。
ただ、背面もボタンサイズや位置など、細かい部分で変更が入っているよう。

機能的に違うのは、セレクタにクリエイティブモードが追加されてる。
夜景とかミニチュア風、パノラマといった、ちょっと味のある写真を作れるモード。
自分にはあんまり必要無いかなと思われる。

あとはレンズの収納に合わせて電源が落ちるところか。
J1ではレンズを出した時に自動で電源が入るが、収納しても電源は落ちなかった。
これは、時と場合によって、嬉しい時もあるし悪い時もあるんだけれど。


それより、現状気に入らないのが、感度(ISO)や撮影モード(おまかせ、P、S、A、M)や
ピクチャーコントロール(風景とかポートレイトとか)を変更するのが手間すぎること。


MENU→キーでセレクト→OKボタン
と、最低3ステップ必要。

MENU内の並び方がイマイチなのも相まって、あっと思った時にすぐ変えられない。
これは撮影にとってかなりプリミティブな部分なので、この操作が煩雑なのは嬉しくない。

露出補正もいちいちOKボタン押さないと設定が反映されない。これには使用当初、戸惑ったりしたので
ぜひファームのアップデートで操作性を上げてもらいたいと思っていた。


で、J2の登場に合わせてファームウェアのアップデートが出たのだけれど。
変更箇所を見る限りは期待した操作性の向上は無さそうですな。

一応アップデートしておきますが。

表面的なスペックでは他のミラーレス一眼に劣っているように見えるけど
使えば決してそんなことはないと思えるのに、操作系が残念すぎる。
またもや次回のアップデートに期待するしかないか。

SNS共有に王道なし?

過去数エントリをSNSの情報共有に当ててきたわけですが...。

色々やったけど、やっぱ面倒くさい。

早速対案を模索中www

friendfeedの功罪


すでにオワコン臭がプンプンしているサイトですが、放置プレイとなってもまだ動作しておりますので
こちらも最後まで付き合おうと思っておる次第です。


friendfeedはそれなりに便利だった
50近くのサイトの情報をひとまとめにしてタイムラインを生成してくれる上
そうして集めたタイムラインのRSSフィードも取得できるので、便利ったらありゃしませんでした。
また取得先にRSS/Atomフィードを指定できるので、気になるサイトの更新情報も一緒にできるし
friendfeed内でtwitterのようなフォロー機能があり、他のユーザのまとめ情報も得られるという
まっこと楽しい機能が満載でした。

少し変わりだしたのは、Facebookに買収されたあたりからでしょうか。
情報が更新されなかったり、更新に時間がかかるようになってきました。
また、friendfeedに投稿したものをtwitterに自動投稿する機能も不全となります。
この機能については、現在も動脈硬化したままです。

当時のfriendfeedの開発メンバはFacebookの機能強化に力を入れているのでしょうね。


その後~現在
現在も表向きはサイトが動いていますが、機能的には安定しているとは言いがたいです。
相当数のユーザは設定を残したまますでに離れていってしまったと思われ、
タイムラインが悲しく更新されるのみです。

自分の場合はGoogle+、YouTube、zootool、byflowの各サイトの更新情報のうち
気が向いたやつをtwitterに流す、という機能しか使っていません。
この機能に関する限り、それほど支障ないので、もうしばらく使う予定でいます。
なお、friendfeedが消滅した場合の案も用意しているのでいつ無くなっても問題ありませんw

ちなみにその代替案は、Tumblrからtwitterに流すというやり方で
Tumblrでは予約投稿ができるので、案外こっちのほうが便利かも、と思っているので
早々に切り替えるかも知れません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。