スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者の夢と大人の責任

ちょっと前に最近の若者は 論を上げた。
自分はもうその範疇にないが、今の若い人たちと取り巻く環境をみると、
やっぱりその時期その時代なりの悩みや苦労があるんだなと感じさせられる。

少しは上向いた?とはいえ、相変わらず大卒生の就職率の低さがニュースになる時がある。
原因の一つは、みんな大学に入れるようになったことがあるように感じる。

> ビートたけし「大卒就職率の低下はバカ大学が増えたから」

経済的な事情等で進学をあきらめざるを得ない場合は別として、
学力ということであれば、拘らなければ入れる大学が一つや二つ、見つかるはず。
そうして大学生と一括りにはされるが、ピンキリの差が広がるので
結果として就職率も下がるという構図。

また最近、特に理系の場合は大学院に進学するケースも多くなっているので
それも就職率を下げる要因の一つかもしれない。

企業によっては、留学生や外国人の採用を積極的に行なって、日本人の採用人数より多いところもあるよう。

一方で、大学の名前で就職が決まるわけではないので(そんな企業が未だにあると信じたくない)、
自分の志向(嗜好)や目的意識などをしっかり持つ学生は
それなりに内定を勝ち取っているのではないだろうかと想像する。

志向や目的意識は夢とか希望なんて言い換えてもいいかもしれない。
自分なりの夢や希望を持っている若者はどれくらいいるだろう。

演出家の鴻上尚史さんがラジオで言ってた話しで感銘を受けたことがあった。
(うろ覚えなのでこんな感じの内容だったってことで、ご容赦)

ネットの時代で、何かやろうと思っても先に誰かがやっているのがすぐに分かってしまう。
自分ですごいことをやったと思っても、誰彼はもっとすごいことをやってる、自分がやったことは大したこと無いことがすぐに分かる。
これを物心つく頃から延々とやってきた子たちがどうなるか。



生まれた頃から衣食住に困らない。一人っ子で欲しいものはなんでも買ってもらえる。
やろうと思ったことは、すでに誰かがやってる。できたと思ったものは、もっとすごいことを誰かがやってる。
そもそも夢を持て希望を持てという大人たち自身が、そんなもの持ち合わせてない。子どもに提示も出来ない。
一生懸命働いて年金を積み立てたって自分たちに返ってこない。

そして、冒頭の就職の話に戻る。

会社で人事や採用を担当している人たちは、そういう子どもたちを育ててきた親でもある。
自分たちが教育してきた子どもを置いといて、会社の利益から海外の人材を採用するのは、なんか納得できない。

「最近の若いものは」という大人たち、ゆとり世代だと馬鹿にする大人たち、
自分たちがやってきたことを棚に上げていないだろうか。
スポンサーサイト

最近の若者は 論

この様な記事があったので、反応。

最近の若者は」論について思うこと

自分も言われたことあるし、後輩にそう思ったこともある。
その言葉に含まれるのは、おおよそネガティブな内容と相場が決まってる。
「昔は良かった」も類義語に含まれるのではないかな。

この上からマリコな言葉、言われたらそれはそれは内心穏やかではない。「知らんがな、ボケ」状態。
お互いの育ってきた時代も違うし、環境が違うので、予め溝があるんだもの。その溝は埋めようがない。

大学生になった時に初めてマクドナルドを食べた人と
子どもの頃から電話といえば携帯電話な人では、考え方が違うのは当たり前。
それを一方的な先輩目線から振り下ろした言葉が、「最近の若者は」だと思われる。

時代の溝、考え方の溝によるツケは、後輩が払ってきたのだろう。
例えば、仕事で根拠のなさそうな無理な依頼をされる、とか。なんでそんな古いやり方を踏襲しているのか、とか。
そういうことを歯を食いしばってこなしていくわけです。
(後になって考えれば、あながち根拠がないわけでもないな、と思うことが結構あったり。)
そんな環境で育ってきたから、今の上に立ってる人からすれば
「昔は、(先輩との溝のツケを払うために)自分が努力したもんだ。最近の若者は(その努力が足りない)。」


そしてこの言葉が時代を経てもループされるのは
先輩からみて後輩の努力は常に未熟で不足なものに映るからでしょう。
言葉を受けた後輩にしてみれば十分努力しているのだから、自分は努力してきたという経験は残ります。
それでいざ先輩の立場になった時には、後輩にいつか自分が浴びせられた言葉を浴びせる。


少し優しい見方をすれば、溝を埋めるための先輩側の努力が、この言葉なのかもしれない。
人生や仕事の経験を伝えようとするとき、「自分はこうした、こうだった」という話になる。
それが嫌味に捉えられてしまって、「最近の若者は」という受取り方をされることがあるのだろう。


上の理由だけでなくて、個人の性格だったり、先輩後輩の関係性だったり、場の雰囲気など
色んな要素が絡んでいるとは思いますが、使い方に注意しないといけないことは確か。


同じことが就職難という切り口でも言えることかと思うのですが、それを言うには余白がなさすぎるwww

項を改めます。

子どもたちに明るい未来を

今日も関東で震度4の地震がありました。

松本を中心とした地震からも今月末で1年になります。

牛伏寺断層という、日本で2番目に地震がくるぞーって言われてる地域ですから
また余震?本震?が来るんじゃないかと心配しています。

日本にいる以上、地震とは離れられませんし、ささやかな対策もしていますが
親になったせいでしょうか、この様な記事を読むといたたまれない気持ちになります。

子どもたちが安心して暮らせるようにしていきたいですね。

大学は東電に「汚染」されている?

大阪芸大の純丘曜彰さんが
面白いコラムを書いていたので紹介。

大学は東電に「汚染」されている
東電のカネに汚染した東大に騙されるな!

要約すると、
1. 東京電力は東大院に約5億円の寄付講座がある
2. 東工大、慶応等の大学にも多額の寄付をしている
3. 長崎大は趣意書の内容を吟味して、東電の寄付講座を蹴った
4. 水俣病の時には東大教授らの世論操作によって被害が拡大した
5. 原発、放射線の問題で、同じ愚を繰り返してはいけない。

カネをもらっている東大の先生には
原発・東電に批判的なコメントはできないだろう、と
そんな趣旨に受取りました。

東京電力がそんなに多額の寄付講座をもっているとは
思いもしませんでしたが
原発関連では啓蒙活動に金の糸目をつけない感じは
なんとなくわかる気がします。

もう十年以上前になりますか。
島根原子力発電所を見学した際のもてなしようは
かなりなものでした。
当時は学生でしたが、
「やっぱり気を使ってるんだなぁ」
と感じたものです。

あ、ちなみに見学するのであれば
原子力発電所はオススメしません。
釜の中を見せてもらえるわけではないですからw
オススメは、水力とか火力。

わが上司は、昔、つくばの原研で
チェレンコフ光を見せてもらったことがあるらしい。
いいなぁ。

Read more...

白熱教室

NHK教育でやってる、「ハーバード白熱教室」の名物教授
マイケル・サンデル教授が来日講義をされる模様。

「ハーバード白熱教室 in JAPAN」
8月25日午後、東大の安田講堂で。
今月いっぱいまで、聴講者を募集してます。


この番組、面白いから
行ってみたいけど、仕事がなぁ...。

そういえば、も読んでない....。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。