スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神在月

今週は出雲は神在月です。

19日(月)夜に稲佐の浜で神迎祭がありまして
約1週間、日本中の八百万の神様が出雲へ集まります。

あぁ、千と千尋の神隠しの湯屋のイメージがグルグル廻るwww

子のお宮参りの時には、神様居らんってことで。
スポンサーサイト

出雲巡り 付録

今回巡った神社をGoogleマップにプロットしてみました。
松江、出雲へ観光の際は
これらの神社にぜひ参拝してみてください。


拡大地図を表示
こうして見ると、参拝しまくりですね。
そんなに神社フリークではないんだけどな(^^;

十八社目 勝田神社

さて、5月の連休の出来事を長々書いてきたわけですが
今回で最後です。
粟嶋神社参拝後、実家泊。
最後はやっぱり、地元の街の氏神様を参っとかねば。
米子市の勝田神社です。


近くにはじいちゃん家もあるし、隣は母校だし
逆隣は母方家系のお墓があるし、小さい頃から縁日にはよく来てました。
街中の神社らしく、都会的(?)できれいです。
しめ縄は右頭の右巻き。出雲の感じは全くないですが、縄は割と太めです。


本殿です。造りも流れ造りで、モダンな感じですね。
主祭神は天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)。
天照大神のお子様で天孫系の神様で、農業の神様です。
出雲大社の出雲国造家(千家、北島)の祖先、天穂日命(あめのほひのみこと)はこの天之忍穂耳命の弟さんです。
場所的には米子城から鬼門の方角にあたり、城の守護にあたったようです。

さて、これにて出雲巡りは終了です。
まだ行きたくても行けなかった神社が沢山ありますし
神話と歴史の接点を感じたり、清々しい気持ちになれたり
寺社巡りは日本人の特権ですね。いいもんです。
また実家に帰った折に、時間があれば参ってみようと思います。

十七社目 粟嶋神社


多賀神社を後にして、大根島、江島を渡り
内浜産業道路を米子市内へ走る途中
米子市彦名に粟嶋神社(あわしまじんじゃ)があります。
昔はその名の通り、島だったそうですが
江戸時代に干拓されて地続きになりました。
島全体がご神体で、そのころは麓に社があったそうです。

と、ここにも長い階段がー!!!
しかも今日一番の長い階段です。心臓破りだ。

Read more...

十六社目 多賀神社

松江市内へ戻り、カラコロ工房へ寄り道。
このあたり京店商店街周辺は堀川遊覧船も出ていたり
美味しいカフェがあったりと、結構楽しめます。
落ち着いた雰囲気で、デートにももってこいです。

松江に行ったら必ず(?)立ち寄る皆美(ここの鯛めしは掛値無しにうまいです!)に後ろ髪を引かれつつ
朝酌方面へ向かいます。

普段は左折して大根島方面へ行く所を直進。
しばらくすると左手に多賀神社があります。
taga1.jpg
今日だけで何段の石段を上ったんだろ(-_-)
面白いことに、道を挟んで反対側がすぐ大橋川になっていて
川側(写真の後ろ側)に鳥居があります。
まるで船で乗りつけて、参拝していくような感じになっています。
そういえば、近くには矢田の渡し船もあるし
大橋川のど真ん中にある手間天神社もあるし
弥生時代の遺跡も発掘されていたりするなど
水運や漁業を中心にした文化があったようですね。

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。